Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

会社沿革

login

会社案内

会社沿革
会社沿革

西暦 和暦 概要
1900 明治33年 4月3日 日本形染の前身「木綿中型株式会社」設立。
      宮本甚七が円筒型糊付機による捺染を企業化。
    9月23日 船越町(現在地)に移転し、社名も「日本形染株式会社」に変更。
1903 明治36年   大阪勧業大博覧会において一等賞牌を受ける。
1913 大正3年   米国の万国博覧会に出品して、名誉大賞を受ける。
1917 大正7年 4月 宮本甚七が要請していた専門知識者の育成を
      目的とする浜松工業学校が設立。
1930 昭和5年 5月 昭和天皇が静岡県をご巡幸に際し、当社工場をご巡覧。
1942 昭和12年   ローラー捺染機が15台規模となる。
1945 昭和20年 6月 戦災により全工場の50%を消失。
1955 昭和30年 5月 今上陛下(皇太子殿下当時)が当社をご巡覧。
1958 昭和33年 2月 自動スクリーン捺染開始。
1970 昭和45年 8月 コンピューターの導入。
    11月 新スクリーン捺染工場建設。
1972 昭和47年 8月 精練漂白工場を建設。
1973 昭和48年 10月 ロータリー・スクリーン捺染機新設。
1976 昭和51年 5月 新スクリーン捺染工場増設。
    10月 増資により資本金が9000万円となる。
1983 昭和58年 1月 CCM(コンピューター・カラー・マッチング)を導入。
1991 平成3年 2月 CG(コンピューター・グラフィックス)を導入。
1992 平成4年 1月 CCK(コンピューター・カラー・キッチン)を導入。
1995 平成7年 11月 世界で初めて傾斜型ロータリー捺染機を導入。
1997 平成9年 6月 省エネ型の新ボイラー設備を導入。
    9月 最新高速型スクリーン捺染機導入。
2000 平成12年 12月 ストーク社製ロータリー・スクリーン捺染機増設。
2001 平成13年 1月 遊休地を利用し総合スーパーマーケットに不動産賃貸をする。
    8月 ストーク社製スチーマー増設。
2004 平成16年 10~12月 本社北側の工場跡地を利用し飲食店及び結婚式場に不動産賃貸をする。
2007 平成19年 8月 マーセライズ機(山東鋮工所 製)
    9月 新シルケット機導入。
2008 平成20年 5月 環境対応型の新ボイラー設備を導入。
2012 平成24年 7月 ガスボイラー増設(重油ボイラー更新)
2014 平成26年 4月 インクジェットプリンター 導入
    6月 検針機 導入
2015 平成27年 3月 ロータリースクリーン捺染機(東伸工業 製) 増設
2016 平成28年 8月 スチーマー更新
      インクジェットプリンター(2台目) 導入